曹洞宗

≪本山≫

大本山永平寺(福井県吉田郡永平寺町)
大本山総持寺(神奈川県横浜市鶴見区)

≪両祖≫

高祖 道元禅師(永平寺の御開山)
太祖 瑩山禅師(総持寺の御開山)

≪歴史≫

曹洞宗を興した道元禅師は正治2年(1200年)、時の内大臣久我通親の子として京都に生まれました。幼くして両親を亡くし、13歳の時、比叡山に登り仏教の勉強と修行に励み、18歳の時には建仁寺に臨済宗を興された栄西禅師を訪ねて修行をかさねられましたが、貞応2年(1223年)中国に渡り、天童寺の如浄禅師を師として曹洞禅を学びました。

帰国した道元禅師は宇治に興聖寺を開き、修行と教化に邁進し、その後、越前に移って永平寺を建立し、自らの理想とする正伝の仏法の提唱と弟子の養成につとめました。

道元禅師から四代目にあたる瑩山禅師は多くの優れた弟子を養成しながら大衆教化にもつとめ、現在、日本最大の寺院数を誇る曹洞宗の素地をつくりました。曹洞宗では道元禅師を宗派の父、瑩山禅師を母にたとえ、両祖と仰いでいます。

≪曹洞宗の名の由来≫

8世紀初めの中国の禅僧で洞山良价大和尚の「洞」と、その弟子である曹山本寂大和尚の「曹」をとって「曹洞」としたのが曹洞宗の名の由来だと言われています。曹洞宗と書いて、ソウトウシュウと澄んで読みます。

※曹洞宗の公式ホームベージ
sotozen-net(http://www.sotozen-net.or.jp/)』
があります。ご覧下さい