年中行事

≪修正会≫ (しゅしょうえ)

1月1日〜3日 元旦から三日まで、檀信徒の幸せと家庭繁栄,国家安全,世界平和等を祈願して大般若経を転読します。当山でも新年には鏡餅をお供えし、檀信徒各家にお届けするお札をお飾りして、大般若経理趣文を読みます。

≪涅槃会≫ (ねはんえ)

2月15日 釈尊の入滅(お亡くなりになった)された日です。釈尊が80歳で亡くなられた日、多くの弟子、王族,老若男女,さらには鳥獣さえも集まり,嘆き悲しみました。その時、サラ樹には白い花が咲き、花びらを次々と降らせたといわれています。この情景を描いた「涅槃図」を掛け、花草団子(やしょうまともいいます)をお供えし供養します。 当寺では月遅れの3月15日に行い、春の彼岸会の間,本堂右奥に涅槃図を掛けておきます。

≪彼岸会≫ (ひがんえ)

3月、9月  3月の春分の日と9月の秋分の日を中心とする前後一週間に、先祖供養を行なう大切な行事です。  仏壇や墓地のお掃除をして、丸い団子をピラッド型に積んだもの、季節の花、果物、菓子を供えしてお参りします。また、中日にはおはぎ・ぼた餅をお供えします。

≪灌仏会≫ (かんぶつえ)

4月8日 一般には「花まつり」といい、釈尊の誕生を祝うとともに、釈尊の正しい教えを信じるという仏教徒の自覚を確かめる大切な意義をもっています。当寺(当地方)では月遅れの5月8日に花御堂に天地を指さした誕生仏を安置し,甘茶をかけてお祝いします。

≪大般若会≫ (だいはんにゃえ)

4月23日 当山では毎年4月23日に大般若経600巻を転読し、檀徒各家の家門繁栄、子孫長久、諸災消除、諸縁吉祥等を祈念します。

≪盂蘭盆会≫ (うらぼんえ)

当地方は月遅れの8月に行ないます

≪大施餓鬼会≫ (だいせがきえ)

8月5日 毎年8月5日に、お盆の行事のひとつとして、1年の間にお亡くなりになった新亡霊位、年回に当たっている霊位、先祖代々の霊位の為に供養の法要を行います。

≪両祖忌≫ (りょうそき)

9月29日 曹洞宗を開かれた道元禅師と、曹洞宗発展の礎を築かれた瑩山禅師のお二人を両祖といいます。  道元禅師は旧暦の建長5年8月28日に54歳で、瑩山禅師は正中2年8月15日に58歳でお亡くなりになりましたが、太陽暦ではいずれも9月29日にあたるところから両祖忌と呼び,報恩の法要を行ないます。

≪達磨忌≫ (だるまき)

10月5日 10月5日は有名な達磨大師の命日です。インドから中国に渡り、禅宗の礎を築かれた方で150歳まで生きたともいわれています。 当寺では本尊様をお祀りしてある須弥檀の左側に安置されています。