「相承」

「相承」とは「師から弟子へ代々,仏の悟りの本体を伝え受継ぐこと」



樹齢400年を超える枝垂桜もこの20年余りでだいぶ衰えを見せてまいりました。
環境の大幅な変化、害虫、積雪。幾多の困難な状況を乗り越えてこの場所にあり続けています。

歴史と風格、そして荘厳さを持つこの桜の脇に小さな桜を植えました。

 

「相承」

この小さな桜はこの大きな桜の種から育てられたこの枝垂桜の子孫です。

 

「師から弟子へ代々,仏の悟りの本体を伝え受継ぐこと」

400年の時を超え、この場所にあり続けた枝垂桜を受け継ぐ為に。

 

今はまだ小さいですが、幾年月を重ね、横の大木より大きく育っていくことでしょう。

 

この桜を育ててくださった馬場田石材店のみなさんの手で、手際よく作業が進められました。


これより幾年月を経て、横の師である枝垂桜より大きく育った桜が、
多くの方の目を楽しませてくれるでしょう


Posted in 日誌, and tagged , .