坂西家

小笠原貞宗

初代―宗満(貞宗の三男)

正中5年4月8日松尾に生れ 建武2年郊戸の庄へ分家なし 貞和年中松原宿に城を築き 永和2年在京中卒す 53歳 法名賢戒

二代―由政(宗満の長男)

康和2年5月生る 母武田佐馬介直信女 稚名孫六郎 兵庫守度々武功あり 応永15年入道して正永と号し 正長元年3月26日卒す 86歳 法名正永寺殿堅峰道因大居士

三代―長由(由政の長男)

応安3年松原城に生まる 母家の女房 稚名彦太郎 応永2年5月卒す 法名長圓 27歳
長国(由政の次男)康歴2年8月2日生まる 応永7年小笠原長秀に随ひ更科郡所々にて合戦して武功顕し 10月17日大塔城に籠り家臣宮崎と共に生害す 21歳 法名曹源

四代―政忠(長由の長男)

明徳4年5月生まる 稚名小太郎 寛正5年6月15日卒す 72歳法名圓岳

上總介(長国の次男)
文明2年善光寺大黒塚合戦に討死す

五代―政重(長忠の長男)

応永30年7月11日に生まる 稚名孫六 永正12年結城合戦の時小笠原正康に属し武功あり 文明14年10月卒す60歳 法名道圓

六代―政之(政重の長男)

寛正3年2月生まる 天文年中愛宕の寺の山城方へ移す 弘治2年卒す 95歳  法名長松寺

七代―長重(政之の長男)

大永元年飯田城に生まる 母小笠原左馬介女なり 舎兄多と雖も皆早世す 父老年に及び家督方継ぎ神峰城主知久頼元の聟となり 永禄3年卒す 40歳 法名長光

八代―長忠(長重の長男)

天文7年5月28日飯田城に生まる 永禄5年6月12日市瀬山にて生害す     25歳

九代―延千代(長忠の長男)

父長忠討死の時卒す 2歳

坂西家断絶….


Posted in 歴史.